HOME
作庭処落合 造園 ガーデニング 東京都 高尾 落合造園
和風の造園
屋上・ベランダ庭園
庭のリフォーム
最近の作庭作品のご紹介
坪庭
庭の演出物

作庭処落合 造園 ガーデニング 東京都 高尾 落合造園
作庭例 1
作庭例 2
作庭例 3
作庭例 4
作庭例 5
作庭例 6

作庭集
作庭集1

作庭処落合 造園 ガーデニング 東京都 高尾 落合造園
ご相談から施工までの流れ
よくあるご質問
お客様の声
リンク集

作庭処落合 造園 ガーデニング 東京都 高尾 落合造園
庭師プロフィール
個人情報の取扱いについて
お問い合わせ


作庭処落合 造園 ガーデニング 東京都 高尾 落合造園



屋上・ベランダ庭園

屋上・ベランダ庭園
屋上庭園(屋上緑化)・ベランダ庭園がどのような効果をあげるのか、お庭をつくる前にどんなことを知っていると良いのか。また、ヒートアイランド現象などの解消に向けて、様々な補助金もあるらしい…そんな、屋上緑化にまつわる情報・知識をお伝えいたします!

省エネ効果
屋上・ベランダ緑化の効果は、エコロジーの多方面で発揮されます。特に、断熱効果における冷暖房の省エネは有名なお話です。
  • 屋上を緑化すると実際にどのような効果があるのか?

  • 1. 最上階への焼け込み防止や照り返し防止
    2. 雨水の流出緩和
    3. 大気の浄化 などがあげられます。
  • 部屋の中が涼しくなる!?

  • クーラーをかけるということは、廃熱を屋外に放出することです。この廃熱がなくなる訳ですから、省エネルギーや都市の気温上昇の緩和に役立ち、また電力消費のピークカットにつながります。
  • 屋上庭園が雨水を吸収

  • 屋上を緑化すると、雨水が下水に流れ込むまでに時間差が出来ます。通常の軽量土壌では、水の透水のスピードは1時間当たり、4cm〜40cm程度です。1時間当たり30mmの雨が相当の雨量といわれていますから、 屋上庭園はかなりの雨水を吸収してくれるわけです。

屋上ベランダ庭園 写真

防水について
屋上庭園(屋上緑化)はしっかりとした防水から!
建物にとって、防水は欠かせないものです。防水は建物の構造や規模により、種類が異なっています。また、屋上庭園(屋上緑化)をする場合は、防水の種類によって、耐根対策や保護の方法が異なり、たとえ新築や防水改修を終えたばかりの建物であっても、そのままでは屋上庭園(屋上緑化)ができないこともあります。
※屋上庭園(屋上緑化)に対する理解と知識、経験のある専門会社や建築士、工務店に相談し、緑化計画を立てることをおすすめします。

荷重について
軽量人工土壌のススメ
屋上庭園(屋上緑化)・ベランダ庭園をするには、建物の積載荷重条件をよく把握し、軽量土壌や屋上緑化基盤システムによる軽量化をおこないます。また、軽量土壌は比重が0.6〜0.8程度で、排水性の高い、永続性のあるものを使用することをおすすめします。
  • 積載荷重について

  • 建物に積載できる荷重には限りがあります。積載荷重条件を無視して、大きな荷重のかかる緑化を行うことはできません。建築基準法では、一般的な住宅建築で人が立ち入れる屋上・バルコニーは、床の積載荷重が180kgf/m2、地震力が60kgf/m2で構造計算することとされています。建物によっては、荷重設定を多くしている場合もあるため、設計士や工務店、ハウスメーカーに確認し、その建物にあった緑化計画を立てることをおすすめします。

※ご新築の場合、設計士さんに荷重設定を増やしてもらうことをお願いしましょう!

水遣り 写真

植物の管理と配置について
  • 木の選び方、植える位置について

  • 屋上庭園で木を植える場合は、落葉樹は出来るだけ内側に植えることをおすすめします。落ち葉で、お隣の家の樋(とい)が詰まったり、ご迷惑をおかけしないようにするためです。
    また、植物は種類によって成長度合いに違いがあります。屋上やバルコニーに限ったことではありませんが、成長の早い樹種は剪定管理が多くなったり、その空間に適した大きさが維持できなくなることがあります。樹木の植栽については、植物に詳しい方に相談しながら進めましょう。
  • 水やりについて

  • 屋上庭園・ベランダ庭園は日当たりが良い反面、風が強く乾きやすいところでもあります。屋上庭園の水まきをする上でのポイントは、一度にたっぷりと水をあげるということです。土の表面がぬれて、しっかりと水をあげたつもりでも、強い陽射しと風により、すぐに乾いてしまいます。地中に水が浸透せず、表面にばかり水を与え続けると、根が表面に集まり、かえって乾燥に弱くなります。気をつけましょう。


このページのTOPへ

COPYRIGHT(C)2007 作庭処・落合 造園 ガーデニング 東京都 高尾 落合造園. ALL RIGHTS RESERVED.